マンカ流通グループ

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • お問い合わせ
企業情報

沿革 HISTORY

1929年(昭和04年)10月 川勝文次が木津市場において、丹文こと川勝商店として独立開業。
1948年(昭和23年)07月 大阪市中央卸売市場果実部(旧)35号店舗として開店。
1963年(昭和38年)07月 バナナの自由化に伴い、(株)三協バナナを設立。
1964年(昭和39年)12月 流通業務の近代化を図るため、川勝・森商店と南野商店が合併し、(株)万果を設立。(合併法人第一号)
1965年(昭和40年)04月 (株)万果不動産を設立。
1965年(昭和40年)12月 (株)三協バナナを(株)三協に社名変更。
1969年(昭和44年)04月 (株)万果と(株)三協の共同で農林省、市場当局の絶大な支援のもと、鳥飼センターを開設。
1974年(昭和49年)04月 丸紅(株)、大阪促成中央青果(株)の応援を得て、鳥飼センターを分離独立させ、新しい青果物の納入機構を構築すべく、(株)新三協食品流通センターを設立。
1975年(昭和50年)07月 販売管理、特に在庫管理の徹底を図るため、コンピューターを導入。
1976年(昭和51年)11月 大阪市中央卸売市場果実部が現在地に移転。(果実75号店舗)
1978年(昭和53年)05月 大阪府中央卸売市場(茨木市)の開場に伴い、(株)万果北部支店を開設し、(株)マルマンを設立。
1979年(昭和54年)02月 (株)万果は、売場面積と経営規模の拡大を図るため、向かい店舗を吸収合併。
1981年(昭和56年)12月 川勝文次会長が死去。翌年1月に社葬。
1982年(昭和57年)03月 青果物流通業の新しいルート作りをめざし、(株)新三協の配送部門を分離独立し、(株)浩栄配送を設立。
1983年(昭和58年)01月 (株)万果不動産を、グループの本部とし、中枢機能強化のため、マンカシステムサービス(株)に社名変更。
1983年(昭和58年)03月 事務合理化の促進に向けて、OA機器を導入。それと同時に、管理会計制度を採用。
第一回 社員総会を開催し、年度経営方針の発表を行う。以後、毎年実施。
1984年(昭和59年)05月 (株)浩栄配送の営業所を摂津市東一津屋から同市鳥飼西へ移転。
1987年(昭和62年)06月 (株)浩栄配送は、企画営業部を新設し、物流企画、加工梱包、商流営業に取り組み始めたことにともなって、(株)浩栄に社名変更。
1988年(昭和63年)01月 (株)万果は、ホテル・外食産業納品部門を新設。
1990年(平成02年)04月 グループの名称を万果グループからマンカ流通グループに変更。
森栄一社長がグループ会長に、グループ各社部門長が社長に就任。
(株)万果は北部支店を(株)マルマンへ営業譲渡し、(株)マルマンは(株)アステップを吸収合併
(株)万果は、68イ号店舗を吸収合併。以後も、同年8月に61号店舗を、平成4年3月に43号店舗を、平成6年3月に68ロ号店舗を、平成8年4月に44号店舗を吸収合併し、経営規模の拡大を図る。
ジャパンフラワー(株)を花卉卸売業として(株)和秀の支援のもと設立。
1992年(平成04年)03月 マンカ流通グループ本社ビル完成。
1992年(平成04年)08月 おおさかパルコープと共同出資で(株)おおさかベジタブルセンターを設立。
1992年(平成04年)11月 (株)マルマンは、摂津市鳥飼西に商事部の加工場を開設。
1993年(平成05年)04月 ジャパンフルーツ(株)を設立。
1994年(平成06年)04月 ジャパンフラワー(株)を、農産物の取扱開始にともなって、(株)ジェイアンドエフに社名変更。
1995年(平成07年)03月 業務の合理化、情報化を追求すべく、パソコンLANシステムの導入開始。
1995年(平成07年)10月 (株)万果は、マンカ流通グループ本社ビルの1~2階を改装し、カットフルーツ事業を開始。
1996年(平成08年)06月 (株)ジェイアンドエフは、経営規模拡大のため、摂津市東一津屋から茨木市宮島の大阪府食品流通センター内に移転。
1998年(平成10年)09月 (株)万果は、SP加工場(2階建て309坪)を大阪市福島区野田に開設。
1999年(平成11年)04月 森栄一会長が相談役に、磯部誠治社長がグループ代表に就任。
(株)万果の加工部門と現業部門を分離独立し、(株)クオリティーワンを設立。
1999年(平成11年)11月 (株)マルマンは、商事部の加工場を大阪府食品流通センター内に移転。
2000年(平成12年)02月 (株)新三協食品流通センターは、最新式バナナ熟成設備の導入および新事務所完成。
2000年(平成12年)08月 取引先のニーズを満たす物流センターの構築をめざし、(株)新三協流通センターの新社屋完成。
2000年(平成12年)10月 (株)三協は、千里南地区再整備事業による商業施設が開業するまでの間の暫定店舗へ移転。それに伴い、店舗イメージの大幅転換により売上拡大を図る。
2001年(平成13年)07月 (株)クオリティーワンは摂津市東一津屋に鮮度維持に優れた加工場SET’Sセンター(533坪)を開設。
2004年(平成16年)04月 (株)マルマンはジャパンフルーツ(株)を吸収合併し経営合理化を図る。
2005年(平成17年)04月 磯部誠治代表が相談役に、中川恵次がグループ代表に就任。
2006年(平成18年)02月 (株)クオリティーワンの事業を(株)万果に統合し、(株)クオリティーワンは解散。
2006年(平成18年)03月 物流基地を有効活用するべく(株)浩栄 企画営業部はSET’Sセンターへ移転。
2006年(平成18年)05月 (株)西村商店より営業譲渡を受け(株)ニシムラを設立
2009年(平成21年)01月 運送事業の基盤整備と既存荷主の満足並びにグループ外荷主の開拓を目的として(株)光物流を設立。
2009年(平成21年)04月 (株)光物流は、(株)浩栄の運送事業部門を譲り受け事業開始。
顧客ニーズ対応強化のため(株)万果の業務開発課を(株)ニシムラへ移動。
2010年(平成22年)04月 (株)ウィズ・プロデュースは、(株)浩栄の企画営業の事業を譲り受け事業開始。
2012年(平成24年)02月 (株)マンカホールディングスを設立し、持株会社制へ移行開始。
2012年(平成24年)04月 中川恵次代表が相談役に、小松義明がグループ代表に就任。
2012年(平成24年)06月 (株)ウィズ・プロデュースはSET’Sセンターからマンカ流通グループ本社ビル3階へ移転。
2012年(平成24年)06月 SET’Sセンターの管理運営を(株)光物流が受託し事務所を移動。
2015年(平成27年)04月 小松義明代表が相談役に、今井達見がグループ代表に就任。
2017年(平成29年)04月 今井達見代表が相談役に、中川哲夫がグループ代表に就任。